今はWebで車を売買できる

“インターネットの閲覧ソフトで車買取と入力しただけで大手の買取業社が第一画面に数件表示される。さすがにSEO対策として相当の金額を投資している事を確認できる。以前であれば車を手放す際は、わざわざ町の中古屋に愛車を持って行き、その上で査定してもらうのが当たり前だった。そして、新車購入時であればディーラーに持ち込んで下取り価格などあまり気にもせずに契約して終わりという感じだった。

しかし今では、インターネットの閲覧ソフトを活用することにより、数多くの車買取業社の照会画面を表示する事が可能である。Web上より必要最低限の売りたい車の情報と自分自身の住所・連絡先・メールアドレス等の情報を入力して決定を押すだけで、後日複数の買取業社よりメール或いは電話により連絡が来る仕組みとなっている。

たった一度だけWebから売買したい車の情報を入力するだけで複数の車買取業社から買取価格の見積を展示してもらうことが可能なのである。さらに、別の買取業社のWeb画面から見積依頼をする事も至って簡単に出来るのが現在である。車を売りたい個人と買取りしたい会社がネットワークを活用することにより繋がり、速やかな売買を成立させる事が可能になっている。

車を買い取ってもらうのはどこがいいの?

“車の入替を検討する事になった場合、今所有している車を下取りに出すことが普通であると思います。車買取業者に販売するケースは、そう頻繁に起こる事ではないと思っています。では愛車を手放す事になったとしたらどうするか?

まず車を買ったディーラーに下取りを依頼するケース、そして町の中古車業社に車買取を依頼するケース、はたまた大手の車買取専門の会社に依頼するケースなどいろいろな方法があります。

近くの中古ディーラーや購入したディーラー、車買取専門の会社等、少しでも愛車を高く売りたいと思うのであれば自分自身の労を惜しまない事が必要でしょう。そしてWebや書店にある中古車専門雑誌などを事前に調べた上で、自分の愛車と同等の車について売買価格を調査しておくべきでしょう。

当然の事ながら販売価格には、整備費用や多くの経費が発生する事を前提に販売価格を決定しているのだから、買い取り価格との間には相当の価格差がある事を理解する必要があると思います。愛車を売るのだから出来るだけ高く買取ってくれる会社に売りたいと思うのは私だけではないと思います。”

買い取り価格はどこも同じ?

“長年乗り続けた愛車をやむなく手放す事になったとしたなら、さてどうしましょう?車の入替をする場合ならば下取りに出せば済むことなのだろうが、手放すだけの場合にはなかなか難しい物であると思ってしまう。少しでも高く愛車を買取ってくれる車買取業者を探そうと思うのは道理である。

今は、Webを利用してインターネットに一括査定サイトから自分の車の状態や年式等を入力するだけで、愛車に興味を抱いてくれた複数の業者と交渉が可能なのである。複数の車買取業者から直ぐメールや電話で連絡が届くのである。そして自宅まで愛車の査定に来てくれて、早ければその日のうちに愛車の下取り価格が判るのである。

自宅まで赴いた買取業者の担当者も無駄足を踏みたくないのも事実、何とか買取契約を成立させたいと思って来ているのである。担当者との買取価格の交渉も若干は可能であるのも事実。しかしながら、プロの査定員が実際に愛車の外装・内装などの車の状態を丁寧に確認した上で大量のデーターベースとマッチングした結果として提示した査定金額である。

少しでも愛車を高く売りたいと思うのは道理であるが、どこの買取業者も買取金額にさほど差がないのも事実である。”

愛車に手を加えると査定にひびく?

“愛車を購入した頃は夏冬関係なく休日には、雨降りで無いかぎりほとんど手洗いで洗車をしていたものである。しかしながら、いざ愛車を手放すことになった場合には、車を手洗いしようが、洗車機で洗おうが殆ど車買取価格に差が無い事を言われてしまいガッカリした事がある。

下取りの場合には、標準装備の状態に戻す様に要望される事もあるのである。車体の高さを下げたり、タイヤホイールを替えたりとした行為がマイナス査定になったりする事もあるのだ。

タイヤ・ホイールを、標準装備品に戻す事などを要望されたりもするのである。ショックアブソーバーやスプリングも純正品を要求されたりするので、愛車を手放す場合を想定し取り替えた部品は手元に保管しておく必要がある。

車を下取りや車買取店に出す場合には標準仕様が要望されるので性能アップの為の改造であったとしてもあまり歓迎されない事もある。中古市場に出した場合にはあまりにも手が加えられて特長がありすぎる車の場合には、売りづらいし、買いづらいのかもしれないので注意が必要だ。”

下取りに出す場合も考えて!

“今では、車買取業者として数多く存在している。幹線道路沿いには必ずといっていいほどみかけるのである。インターネットのWeb検索でも、車買取と入力して検索すると初めの画面で数社の大手買取業者が閲覧できるのである。

中には、買取依頼したい車の内容を画面に入力して見積依頼するだけで複数の車買取業者から見積を受け取ることが可能なのである。以前なら車の入替を考える時、下取り車として何の疑問を持つこともなくディーラーに渡していたのである。だが、今では買取業者の存在が車の購入自体に大きな変化をもたらしているといえるだろう。

現在では自分の車の査定価格が比較的簡単に確認する事ができるのである。新車を売ろうとするディーラーの意向で下取り車の下取り価格が決められてしまう事から決別することができるのである。下取りと値引きを一緒くたにしている下取り価格を提示されてなんとなくごまかされているような事から開放されて、新車を購入する時に新車の値引き価格をはっきりと確認する事ができるのである。

今では自分自身でディーラーに下取りに出すか車買取業者に売るかを決める事が可能になったのである。”

愛車を買い替える場合の心構え

昨年末に自民党政権に替わってから景気は少し改善された様な事をマスコミ各社はこぞって吹聴している。景気改善の大きな要因は、大企業の中でも車に関わる企業の業績だけが改善されている事に起因すると思っている。

為替の問題もあるのだろうが、原油価格の高騰によりガソリン価格が高値で推移している現状では、やはり高燃費の車両は敬遠されているのも事実である。コンパクトカーでもリッター24KM、軽自動車にいたってはHVカーに迫るリッター33KMという実績である。

当然の事として普通ガソリンが160円を超えている状態が続けば低燃費カーやHVカーへの買い替え需要も多くなっているのも事実であり、下取りに出す事が当然と思われていた以前とは違い、多くの車買取業社が存在し、自宅まで赴いて査定をしてくれる時代である。車の買い替えを考える機会も当然多くなっているのではあるが、以前のように下取りに出すという選択は段々減ってきているように思える。

下取りに出す前に取りあえず車買取業社に愛車の査定をしてもらった上で、下取り価格の交渉をするのである。値引き交渉は又、別の話ではないだろうか?

個人情報の扱い方は万全か?

実際に車買取のサイトから諸条件、メーカー・車種名・グレード・年式・走行距離・次回の車検日等、加えて住所・氏名・電話番号・メールアドレスを入力してみると、車買取業社の5社ほどからメールや電話で連絡が来るものである。そして連絡が来た際には、査定に来る日時の打ち合わせをして実際の車の査定をしてもらう事になるという事を言われた。

確かに以前とは違い、車買取業社の社員が実際に家まで査定に来てくれる事は凄いことだと思うのではあるが、住所・電話番号・車検証などのあらゆる情報がいろいろな業社に知れ渡る事になるので、仮に車を売らない事になった場合には提供したあらゆる情報がどのように扱われるのかがとても不安である。

当然、任意保険の内容も書き写されたりするのだから、買取を検討している車以外の情報も提供している事に一抹の不安を感じるのは私だけだろうか?考え方によっては、情報を集める目的の為にだけに車買取業を営んでいる事は無いとは思うのだが、収集したデーターにはかなりの価値があると思えてならない。突然メールで知らない業社からいろいろな営業に関する宣伝メールが来たりと不振な事も稀に起きるのも事実である。

いくらプライバシーポリシーを謳っているとはいえ不安はなかなか拭い去れないものであるので入力する場合は慎重に行いたいものである。

車無料一括査定をしてもらった体験談

私は過去に3台車を買い換えていますが車買取をしてもらうのは今回がはじめてでした。
今まではディーラーで下取りしてもらっていましたが、我が家にもネット環境が整いインターネットで色々調べているうちにディーラーで
下取りするよりも車無料一括査定サイトでするのがお得という情報にたどりつきました。

インターネットで見えない相手と交渉する不安はありましたがあちこち回り見積もりを取るのも面倒だし、
という思いから一括査定を利用してみました。初心者の私でもインターネットでとても簡単に申込むことが出来ました。

今回は3社に来てもらうことにしました。どの担当の方もとても良い印象でした。
一度に複数の業者の査定を呼べるためうまく競合でき、最初の想定していた価格よりもかなり高く車買取をしてもらうことができ大満足でした。

ただ困ったことは申し込み後に電話やメールが殺到したことです。
仕事柄携帯が離せないため、電話もメールも一度にたくさん来たので大変でした。
しかし結果的には20万以上も得した気分なので良かったです。

車買取一括査定のメリット・デメリット

車一括査定サービスとは何かというと、サイトに申込むと、最大10社に査定を依頼することが出来ます。
車買取を高く希望されるならインターネットですぐに申し込みが可能な車無料一括査定で申込むのが一番お勧めです。
初心者でも簡単です。

とはいえ、インターネットでの取り引きに不安を持たれている方も多いと思います。
そこで車無料一括査定のメリット・デメリットは何かをお伝えします。

まずメリットは「複数社に査定を頼めることで、各社が価格競争をし、相場より高値で車買取してもらえる可能性がある」
「ディーラーに下取りに出すよりも、平均で10万円ほど車買取の値段に差が出る可能性がある」「自宅に居ながら
時間をかけずに申し込みから見積もりが数社とでき、自宅まで出張査定に来てくれる」

「一括査定のサイトの中にはポイントが付与されるサイトもあるためよりお得に車買取をすることが可能になる」
次にデメリットは「申し込み完了後に一斉に各中古車買取店から電話やメールが殺到するため、忙しい時などには
対応するのが大変な事も」「査定が完了し正規に申し込みが終わった後でも他の業者から連絡がくることがある」などです。

軽自動車買取専門店について

中古車を車種別に買取しているところが出てきている中、軽自動車を重点に車買取をしているところもあります。
この会社のメリットは大手車買取店と違い「経費が安い」「ロイヤリティが無い」「人件費が安い」「宣伝広告費が安い」などです。

また、軽自動車に車種を限定しているところもポイントが高いです。
あるところでは景気が上向き傾向でも世の中不景気なところはまだまだ多いと思います。
その点からも軽自動車は普通自動車に比べると維持費が安いので、中古車もまだまだ、高値がつきやすくなっています。

いかにもボロボロに見える軽自動車でもこんなにするの!ということもしばしばです。
ということは軽自動車買取価格も期待できるということです。
中古の軽自動車は売り先を間違わなければかなりの高額買取価格で取り引きしてもらえる車種ということです。

もしあなたが軽自動車を下取り、買取に出そうと考えている人は、いろんな業者に査定してもらいましょう。
車買取店によっては予想外に査定金額に開きがあることが分かると思いますよ。