愛車に手を加えると査定にひびく?

“愛車を購入した頃は夏冬関係なく休日には、雨降りで無いかぎりほとんど手洗いで洗車をしていたものである。しかしながら、いざ愛車を手放すことになった場合には、車を手洗いしようが、洗車機で洗おうが殆ど車買取価格に差が無い事を言われてしまいガッカリした事がある。

下取りの場合には、標準装備の状態に戻す様に要望される事もあるのである。車体の高さを下げたり、タイヤホイールを替えたりとした行為がマイナス査定になったりする事もあるのだ。

タイヤ・ホイールを、標準装備品に戻す事などを要望されたりもするのである。ショックアブソーバーやスプリングも純正品を要求されたりするので、愛車を手放す場合を想定し取り替えた部品は手元に保管しておく必要がある。

車を下取りや車買取店に出す場合には標準仕様が要望されるので性能アップの為の改造であったとしてもあまり歓迎されない事もある。中古市場に出した場合にはあまりにも手が加えられて特長がありすぎる車の場合には、売りづらいし、買いづらいのかもしれないので注意が必要だ。”