愛車を手放す場合の考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 愛車を手放す場合の考え方
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
愛車を手放す場合の考え方車買取の査定を上げるためのブログ

“愛車を手放す事になった場合には、新車への入替えでないのであれば初めから車の価値など“ゼロ”と思って車買取業者に依頼する事である。車の車種や年式、走行距離によっては廃車費用を請求される場合もあるという事を覚悟して望むべきであると思う。

今の時代、自分の愛車が人気の車種・色などの好条件であったとしても、高年式・高走行距離の悪条件の場合には人気車といえども好条件での買取金額を付けてもらうのは難しい事である。しかしながら、売却せずに愛車を所有し続ける事に対してはかなりのリスクが発生する事も事実である。愛車を売却するかそれとも所有し続けるかは自分自身の問題であるが、所有し続けるためにはかなりの維持費を覚悟する必要がある。

仮に愛車が新車同然にリニューアルされた人気車種である場合には高年式であっても車買取業者としては、魅力の珍品車としての価値を認めてくれる場合もあるとは思う。しかし、なかなか投資した価格での買い取りは難しいのではないだろうか。愛車を保管するスペースと資金にゆとりがあるのなら所有していたいと私は思うのだが、やはり車は走ってこそ価値があるものである。”

Comments are closed.